商品一覧 ミンネバナー 若泉さな絵氏デザイン 西山公園道の駅 フェイスブックバナー
ひだまりについて

HIDAMARIとは・・・

ひだまり・風景01

    福授園は福井県鯖江市にある障がい者の福祉サービス事業所です。利用者さんは支援員と共に毎日一生懸命作業に取り組んでいます。

  そんな中でHIDAMARIは事業所に来れない、作業場に入れない、又は出来ない…そんな利用者の方のためにつくられました。

HIDAMARIが出来た理由

ひだまり・風景02

  工賃を倍にする、一般就労を目指す…障がい者だって稼げる、働ける、それは本当に素晴らしいことなのですが、納期に追われる作業や就労に向けての訓練にどうしてもついていけず、心に大きなストレスを抱えてしまう人たちがいます。

  それを上手く言葉で表現できない彼らは、何も言えないままストレスをため込んでいきます。やがてそれは「問題行動」として表面化するのです。暴言になったり、時にはモノにあたったり、フリーズしたり、そして家から出れなくなったり…。

ひだまり・風景03

  そんな「問題行動」を本人の資質のせいにして、はじき出していいのか…。長い間授産施設として仕事中心で走ってきた私たちは紆余曲折の上、平成24年7月にHIDAMARIをスタートさせました。

  作業を無理強いせず、メンバーでの外出やスポーツ、創作などの活動を取り入れました。職員が決めるのではなく、自分たちのスケジュールは皆で話し合って決めました。

  そうすると彼らは笑顔や元気を日に日に取り戻し、気力のある時は作業もできるようになりました。

  遠回りはしましたが、日頃「仲間と遊ぶ」ことの経験の少ない彼ら。活動の中で、コミュニケーション力や思いやりの心などを身につけることで強くなっていったのです。。

私たちの思い

ひだまり・風景04

  居場所はできた、けれどやっぱりお金が欲しい…工賃が欲しい人はHIDAMARIに入れないのか…だけど納期があったら元の木阿弥…それじゃあ自主製品しかない。

  創作活動の中でいろいろ試して、縁あって端材を提供していただいたり、プロのデザイナーさんとつながったり、木を提供して下さる団体の方とお仕事をすることになったり、南越特別支援学校の木工部の皆さんのご協力も得ることができ、徐々に点が線になり、たどりついたのが木工製品です。

  木を切り抜いて、磨いて、色を塗って、貼りつけて、袋に詰めて…とそれぞれ無理にならない得意な部分を担当してもらっています。イラストの得意な方にはデザインもしてもらっています。

ひだまり・風景05

  彼らは決して「仕事をしたくない」わけではなく、得意なことを見つけ、環境さえ整えれば、ストレスをためることなく「仕事ができる」のです。後はそれをどう収入につなげるのか…。

  なんてエラソーに言っても私たちの技術はまだまだ…でもそんな中から木製パズル、マグネット、バッチ、ストラップが生まれました。

  自慢の木製パズルはHIDAMARIオリジナルデザイン。複雑な形を切ることも磨くことも本当に大変でした。でも完成したパズルは、イラストがめちゃくちゃかわいくて色鮮やかで、どこに出しても恥ずかしくない素敵な商品になりました。

  ストラップや冷蔵庫マグネット、バッジは、鯖江だからレッサーパンダ、メガネもかけてみました。最初は冷蔵庫マグネットから始めたのですが、それもご好意でいただいた端材から考え付いた商品です。

これらの商品を手にとっていただいたら幸せです。購入していただいたらめちゃくちゃ嬉しいです。

私たちのかわいい子供たちをどうぞよろしくお願いします。

ひだまり・風景06